パニック障害について!

こちらでは、パニック障害の症状などについてご説明しています。

パニック障害とは突然胸が苦しくなったりして、
このままだと死ぬかもしれないという不安な気持ちになってしまう病気です。


不安な女性の画像


全般性不安障害や心的外傷後ストレス障害、強迫性障害などといった
不安障害のひとつに分類されます。


パニック障害が起きると・・・


・動悸
・発汗
・頻脈
・ふるえ
・息苦しさ


一般的にはこのような症状が現れます。

ですが、この症状はずっと続くわけではありません。

長くても1時間以内で、早い場合だと10分くらいで治まります。

また、発作が起きてから救急車で病院に運ばれる頃には回復していることが多いのです。

なので、そこで検査をしても体には異常が見つからず、
そのまま自宅に帰される場合もあります。

検査をしたけど異常が見つからなかった、
というのもパニック障害の大きな特徴なのですね。

ただ、パニック障害を一度起こすと、何度も繰り返してしまう可能性があります。

その度に恐怖感や不安感が強まり、外出を控えるようになったり、
人に会うのが怖くなったりすることも珍しくありません。


パニック障害 症状


最近では、この症状で悩まされている方が増えているんですね。

パニック障害は、100人中、2〜3人が発症すると言われている病気で、
不安神経症の発作と言われ、昔からあった症状なんですね。

特徴としては動悸、眩暈

これらが、突然に繰り返し起きる状態になります。

パニック障害には

・パニック発作
・予期不安
・広場恐怖


大きく分けてこの3つの症状があります。

特に注意する必要があるものが「パニック発作」になります。

<パニック発作とは>
突然、不安感に襲われ繰り返し起こる発作です。
この発作がパニック障害の引き金となる症状になってしまうのです。

<予期不安とは>
「パニック発作がまた起きるのでは」といつも不安感がある事を言います。
発作を繰り返していると不安感が強くなり症状が悪くなる原因になります。

<広場恐怖とは>
パニック発作が起きた時にすぐに逃げ出せないような場所を避けることです。

もしくは、以前にパニック発作が起きた場所なので、もう一度その場所へ行くと
発作が起きる気がするため、その場所を避けるようになることを言います。

パニック障害は

・心臓や脳
・呼吸器


などの病気と間違えられやすく、適切な治療がされていないケースが見られます。
専門医の診療を受けることがパニック障害の治療には一番効果的です。

 


 
inserted by FC2 system