パニック障害の症状 改善させる方法TOP > パニック障害 > うつ病との関係

パニック障害 うつ病との関係について

パニック障害とうつ病の関係

社会ではまだまだパニック障害に対しての理解が広がっていないようです。

そのため、診断や治療が適切にする事が出来ないので
症状も悪化してしまう事が多いようです。

パニック障害を悪化させてしまうと行き慣れていた場所以外に出かける場合、
「発作を起こすかもしれない」という不安に襲われてしまいます。

「またあの場所へ行ったら発作が起こるのではないか・・・」
「あの場所であれをしたら発作が起こるのではないか・・・」

など日常生活を送るにあたって
行くことのできない場所やする事が出来ない事が増えていきます。

このような事が原因で家に引きこもりがちになって自分の事が情けなく思えたり、
社会生活する中で自信や、やる気がなくなりうつ病へとエスカレートします。

パニック障害からうつ病になる事も多く見られ、
うつ病を発症してしまう事で治療も長い時間が掛かるようになります。

パニック障害の疑いがある場合や診断された時には
早めに病院に行き診察、治療を受けるようにしましょう。

万が一、うつ病を併発してしまった場合は
うつ病の治療から先に行われるのが一般的です。

予めパニック障害だとわかっているのならば

・無気力であらゆることに感情を感じない
・食欲がない
・不眠に悩まされ始める


このようなことに注意が必要です。

パニック障害を大したことないと放っておくと、
ゆくゆくはうつ病を併発する可能性がありますので早期治療を行いましょう。



 
inserted by FC2 system