パニック障害の症状 改善させる方法TOP > パニック障害 > 過換気症候群

過換気症候群について

パニック障害 過換気症候群

パニック障害で起こる過換気症候群とは
急に呼吸が深く速くなり不安がつのってきます。

血中の二酸化炭素が排出され、
血液がアルカリ性になってしまい、手足のしびれや痙攣を感じます。

この症状が見られるのは特に若い女性に多いです。

普段の生活で過剰に心理的ストレスを受けやすい人も発症しやすくなります。

不安やストレスを感じた時以外でも

・極度の緊張
・急激な怒りを感じた


このような場合でも発症する事があります。

簡単な応急処置

緊急で発作が起きてしまった場合には応急処置をすることも出来ます。

・一度でも発作を起こした事がある場合

小さめな紙袋やビニール袋を持ち歩く

過換気症候群の発作が起こった場合にその袋を口に当て
吐いた息を再度吸い込むというような反復呼吸を行います。

この呼吸法を繰り返す事で、二酸化炭素の濃度が上がります。

血中の二酸化炭素の濃度がある程度上がれば、
過換気症候群の症状が治まることが多いでしょう。

この時、周囲の人は冷静に対処する事が必要です。

ここで周囲の人までが慌ててしまうと、発作を起している本人が不安を感じ、
さらに症状を悪化させてしまう恐れもあるのです。

また、女性同士の間で集団的に発作を起すこともあると言われています。

・発作を繰り返してしまう

このような場合は安定剤を服用する他に、

・精神的な不安
・肉体的な疲労を取り除く


などの休息が必要です。


 
inserted by FC2 system