糖尿病 予防と対策!TOP > 糖尿病 > 糖尿病 検査方法

検査方法について

 
糖尿病の検査方法はどのような事をするのでしょうか?


糖尿病の予防と対策方法とは


糖尿病の検査方法について調べてみました。

糖尿病と言われているように、尿から糖がでる病気です。

「尿に糖が出る」と言う事は「血液中の糖が高い」ということです。

ですので、糖尿病の検査は血糖値を調べる必要があるのです。

食事をすると糖分を摂取することになります。

このため、空腹の時よりも食事をした後の方が血糖値は上がります。

健康な人ならばインスリンが働くため、血糖値が過度に上がる事はありません。

<血糖値の基準>

・空腹時:70〜109mg/dl

・食後2時間:140mg/dl未満

この数値を超えてしまうと「糖尿病の疑い」があります。

・空腹時血糖:126mg/dl以上

・食後2時間血糖:200mg/dl以上

この数値を超えてしまうと「糖尿病の疑いが濃厚」となります。

もしも、この検査に引っかかった時は
ブドウ糖負荷試験(75gGTT検査)をする事になります。

この場合は75gのブドウ糖を摂取して、血糖値やインスリンの上がり具合をみます。

通常は摂取前と摂取後(30分・60分・120分)の4回行います。

<その他の検査>

・HbA1c(糖化ヘモグロビンA1c)
赤血球のヘモグロビンのうち、
ブドウ糖と結合しているヘモグロビンの割合を調べる検査

食後の影響を受けやすい血糖値ですが、
これは、影響を受けにくく1〜2ヶ月前の血糖値の状況を反映します。

そのため、血糖が上手くコントロールされているかの指標になるのです。

また、

・CPR
・フルクトサミン
・グリコアルブミン


など様々な検査方法があります。


糖尿病食の準備を毎日するのは大変・・・

家族とは違う献立を考えたり、細かいカロリー計算、調理に掛かる時間など。

そうなんです!

糖尿病食を作るだけでも、かなりの労力がかかってしまいます。

これを毎日続けるのは正直とてもシンドイですよね・・・。

そんな方のお悩みを解決してくれるのがメイプルフーズの宅配サービス

忙しくてなかなか食事の準備が大変、たまには楽をしたい、させたい
というあなたは一度、試しに利用してみると良いと思います。

低カロリーの美食ディナーが手軽に毎日食べられるサービスです♪





 
inserted by FC2 system