糖尿病 予防と対策!TOP > 血糖値 > アルコールで血糖値が上がる?

アルコールと血糖値について

 
アルコールは血糖値に影響を与える?

糖尿病になると医師から「アルコールは禁止」と言われてしまうと思いますが
これは、アルコールを摂取する事で低血糖に陥ってしまう危険性があります。

糖尿病の人は、血糖値をコントロールしなければなりません。

そのため、インスリンや血糖値を下げるための薬を使っている事が多いです。

アルコールを摂取するとインスリンや薬の効果が長引いてしまい、
結果的に血糖値が大幅に低下してしまうのです。

また、肝臓がアルコールを分解するためには糖分が必要になります。

そのため、インスリンや血糖降を下げる薬を利用して、血糖値が下がっている状態でアルコールを摂取すると、活動に必要な糖分までアルコールの分解のために利用されてしまい、低血糖の状態になってしまうのです。

それに、まだ糖尿病と診断されていない人がアルコールを摂取すると、
今度は血糖値を上げてしまう可能性があります。

日本酒やビールなどは、思っている以上に糖分やカロリーが高い飲み物です。

なので、

何杯も飲んでいるといつの間にか血糖値が急上昇してしまうことがあります。

アルコールもたしなむ程度ならば、健康やストレス解消にも良いとされているのですが、飲酒の量を間違えると大変な事になります。

糖尿病と診断された人は、出来るだけアルコールは避けた方が良いですね。


糖尿病食の準備を毎日するのは大変・・・

家族とは違う献立を考えたり、細かいカロリー計算、調理に掛かる時間など。

そうなんです!

糖尿病食を作るだけでも、かなりの労力がかかってしまいます。

これを毎日続けるのは正直とてもシンドイですよね・・・。

そんな方のお悩みを解決してくれるのがメイプルフーズの宅配サービス

忙しくてなかなか食事の準備が大変、たまには楽をしたい、させたい
というあなたは一度、試しに利用してみると良いと思います。

低カロリーの美食ディナーが手軽に毎日食べられるサービスです♪





 
inserted by FC2 system